Robot Watch logo
記事検索
最新ニュース
【 2009/04/21 】
ロボットビジネス推進協議会、ロボ検を開始
〜メカトロニクス・ロボット技術者の人材育成指標確立を目指す
[17:53]
グローバックス、名古屋にロボット専門店をオープン
〜5月2日〜5日にプレオープンイベントを開催
[17:05]
「ロボカップジュニア九州ブロック大会」開催
〜ジャパンオープン大会の出場チームが決定
[14:32]
【 2009/04/20 】
研究者たちの「知りたい」気持ちが直接わかる
〜理研一般公開でのロボット
[15:15]
【やじうまRobot Watch】
巨大な機械の「クモ」2体が横浜市街をパレード!
〜横浜開港150周年記念テーマイベント「開国博Y150」プレイベント
[14:20]
【 2009/04/17 】
第15回総合福祉展「バリアフリー2009」レポート
〜ロボットスーツ「HAL」や本田技研工業の歩行アシストも体験できる
[19:46]
「第12回 ロボットグランプリ」レポート【大道芸コンテスト編】
〜自由な発想でつくられた、楽しい大道芸ロボットが集結!
[14:57]
【 2009/04/16 】
北九州市立大学が「手術用鉗子ロボット」開発
[14:34]
ROBOSPOTで「第15回 KONDO CUP」が開催
〜常勝・トリニティに最強のチャレンジャー現る
[13:17]
【 2009/04/15 】
「第15回ROBO-ONE」が5月4日に開催
〜軽量級ロボットによる一発勝負のトーナメント戦
[18:50]
ヴイストン、秋葉原に初の直営店舗「ヴイストンロボットセンター」、29日オープン
[13:37]
【 2009/04/14 】
大盛況の「とよたこうせんCUP」レポート
〜ロボカップにつながるサッカー大会が愛知県豊田市で開催
[11:34]

【やじうまRobot Watch】
巨大な機械の「クモ」2体が横浜市街をパレード!
〜横浜開港150周年記念テーマイベント「開国博Y150」プレイベント


赤レンガ倉庫を歩き回る「クモ」
 4月19日(日)、横浜市内を2体の巨大な機械仕掛けの「クモ」が歩き回った。横浜市は今年、横浜開港150周年記念を迎え、記念イベント「開国博Y150」を企画している。その宣伝のプレイベントとして17日からは横浜港周辺で、日本初上陸となるフランスのナント市とトゥールーズ市を拠点とするスペクタクルアート劇団「ラ・マシン(La Machine)」による巨大な油圧式の「クモ」のショーが行なわれていた。そして19日は午後2時頃から「クモ」が新港ふ頭から赤レンガ倉庫付近、そして日本大通りへと横浜市内を歩き回った。日曜日の横浜で大勢の人が見物し、街中は大混雑となった。

 この「クモ」は高さがおおよそ12m、重さは37t程度。「レ・メカニック・サヴァント」(博識な機械)として、2008年9月イギリス・リバプールで登場したもの。このときは5日間で30万人を動員したという「ラ・マシン」の最新作だ。ちなみに設定では4月17日に横浜に漂着した巨大クモを調教し、歩き回らせた、ということになっている。「開国博Y150」公式Webサイトによれば「『クモ』は『糸』で巣をつくる動物であり、きわめて創造的な生命体」であり、「Y150のさまざまな会場をつなぎ『横浜のゆめ』をつむいでいくと同時に、『Web = クモの巣』型ネットワーク社会のシンボルとして『クモ』が登場することになりました」とのことだ。

 足はクモなので8本ある。ただし、この足で歩いているわけではない。実際に胴体を支えているのはディーゼルエンジンとタイヤで動く車体だ。そこからクレーンがのびて胴体に繋がっている。それぞれの足も小型クレーンのような構造となっている。つまり巨大なクレーンの先に小型クレーンがくっついたような形だ。それを1体あたり14人がかりで操作しているのだという。スタッフの数は総勢70名にもなるそうだ。


赤レンガ倉庫を歩き回る「クモ」 クモの顔を正面から。正面に1人乗っている クモの上には3人が乗っている

胴体下には片側に4人ずつ(+正面に1人) 【動画】ゆったり足を動かしながら移動する「クモ」 【動画】足先に人が乗ることもできる

【動画】移動の様子 【動画】ゆっくり向きを変える「クモ」の胴体部分 【動画】口から水を吐く「クモ」

【動画】12mの巨大なクモに人々は大騒ぎ 【動画】赤レンガ倉庫前を行く「クモ」 黒山の人だかりの中を行く「クモ」

2体のクモが出会う 【動画】クモの出会い こちらはオスのクモらしい

【動画】ゆっくり動く2体の「クモ」 【動画】足の先それぞれに人が乗っている

 実際には油圧クレーンとはいえ、大きな腹部に頭部がついた造形が施され、時折、口や腹部から水を噴き出しながらのし歩く様子はまさに巨大クモ。胴体部にも足や頭部を操縦する人が乗っているが、さらに足の先にも人がときどき乗ったり、ぶら下がったりしてパフォーマンスしていた。

 また、クモだけではなく同時に他のクレーンも一緒に動いていた。それらの先端部にもそれぞれ人が乗り込み、音楽の生演奏を行なっていた。会場ではマシーンと音楽とが一体となって、2体のクモが出会ってお互いにぶつかったり、コミュニケーションしている様子が見事に演出されていた。腹部から出す水はかなりの量で、数十m離れていても水が観客たちにかかり、そのたびに大きな歓声があがっていた。


日本大通り。休憩のために鎮められたクモ 劇団スタッフたちもクモから降りて休憩中 マシンも人も休憩

胴体下部 こちらは楽器演奏者が乗っているクレーン 音楽とメカが織りなすスペクタクルが繰り広げられた

 なお「開国博Y150」の会期中は、クモのうち1匹は「ベイサイドエリア内 Y150はじまりの森」にて「ENEOS ラ・マシン」として常時展開されるとのことだ(4月28日(火)〜9月27日(日)、有料)。街中を歩き回ることはないが、マシンアートに興味がある人たちならば必見だろう。


URL
  La Machine
  http://www.lamachine.fr/
  横浜開港150周年記念テーマイベント「開国博Y150」
  http://event.yokohama150.org/

関連記事
【やじうまRobot Watch】
六本木ヒルズで巨大ロボが火を噴いた!
〜ヤノベケンジ氏の「ジャイアント・トらやん」が「六本木アートナイト」に登場(2009/03/30)

機械・ロボット好き必見! 工学的なアイデア満載のビーチアニマル
〜テオ・ヤンセン氏によるアジア初の個展が開催(2009/02/02)



( 森山和道 )
2009/04/20 14:20

- ページの先頭へ-

Robot Watch ホームページ
Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.