Robot Watch logo
記事検索
最新ニュース
【 2009/04/21 】
ロボットビジネス推進協議会、ロボ検を開始
〜メカトロニクス・ロボット技術者の人材育成指標確立を目指す
[17:53]
グローバックス、名古屋にロボット専門店をオープン
〜5月2日〜5日にプレオープンイベントを開催
[17:05]
「ロボカップジュニア九州ブロック大会」開催
〜ジャパンオープン大会の出場チームが決定
[14:32]
【 2009/04/20 】
研究者たちの「知りたい」気持ちが直接わかる
〜理研一般公開でのロボット
[15:15]
【やじうまRobot Watch】
巨大な機械の「クモ」2体が横浜市街をパレード!
〜横浜開港150周年記念テーマイベント「開国博Y150」プレイベント
[14:20]
【 2009/04/17 】
第15回総合福祉展「バリアフリー2009」レポート
〜ロボットスーツ「HAL」や本田技研工業の歩行アシストも体験できる
[19:46]
「第12回 ロボットグランプリ」レポート【大道芸コンテスト編】
〜自由な発想でつくられた、楽しい大道芸ロボットが集結!
[14:57]
【 2009/04/16 】
北九州市立大学が「手術用鉗子ロボット」開発
[14:34]
ROBOSPOTで「第15回 KONDO CUP」が開催
〜常勝・トリニティに最強のチャレンジャー現る
[13:17]
【 2009/04/15 】
「第15回ROBO-ONE」が5月4日に開催
〜軽量級ロボットによる一発勝負のトーナメント戦
[18:50]
ヴイストン、秋葉原に初の直営店舗「ヴイストンロボットセンター」、29日オープン
[13:37]
【 2009/04/14 】
大盛況の「とよたこうせんCUP」レポート
〜ロボカップにつながるサッカー大会が愛知県豊田市で開催
[11:34]

テムザック、レスキューロボット「T-53援竜」を新潟へ派遣
〜同社ロボットとして初の災害支援活動


 株式会社テムザックは3日、中越沖地震で被災した新潟県柏崎市にレスキューロボット「T-53援竜」を派遣、現地で瓦礫の撤去作業などを行なった。同社のロボットが実際の現場で支援活動に当たるのは初めて。

 T-53援竜は、7月に公開されたばかりの新型レスキューロボットで、2004年3月に公開された「T-52援竜」の小型版。クローラー走行型の車体に2本の腕部を持ち、片腕で最大100kgの物体を持ち上げることができる。また、T-53はロボットとして初めて小型特殊車両として登録され、一般道路での走行が可能になったことも派遣が実現した理由の一つ。

 3日には新潟県柏崎市にある文具店「小林文英堂」の倒壊した倉庫に派遣され、T-53援竜の双腕を活かしながら瓦礫の撤去作業を実施した。また、6日には支援要請があった一般家屋でも作業を実施している。

 同社では8日まで支援活動を続ける予定だが、今後更に要請があれば、期限を過ぎても対応する予定という。

 現在、T-53援竜の派遣要請などについては、新潟工科大学が窓口となって対応している。連絡先は下記の通り。

・新潟工科大学
Tel.0257−22−8111(代表)


小林文英堂倉庫にて作業中の援竜 2つの腕を駆使しながら作業を行なう 要請があれば引き続き支援活動を続けるという

URL
  テムザック
  http://www.tmsuk.co.jp/
  新潟工科大学
  http://www.niit.ac.jp/

関連記事
テムザック、小型レスキューロボット「T-53援竜」発表
〜腕部の制御に同期動作制御技術を導入(2007/07/18)



( 清宮信志 )
2007/08/06 19:02

- ページの先頭へ-

Robot Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.