Robot Watch logo
記事検索
最新ニュース
【 2009/04/21 】
ロボットビジネス推進協議会、ロボ検を開始
〜メカトロニクス・ロボット技術者の人材育成指標確立を目指す
[17:53]
グローバックス、名古屋にロボット専門店をオープン
〜5月2日〜5日にプレオープンイベントを開催
[17:05]
「ロボカップジュニア九州ブロック大会」開催
〜ジャパンオープン大会の出場チームが決定
[14:32]
【 2009/04/20 】
研究者たちの「知りたい」気持ちが直接わかる
〜理研一般公開でのロボット
[15:15]
【やじうまRobot Watch】
巨大な機械の「クモ」2体が横浜市街をパレード!
〜横浜開港150周年記念テーマイベント「開国博Y150」プレイベント
[14:20]
【 2009/04/17 】
第15回総合福祉展「バリアフリー2009」レポート
〜ロボットスーツ「HAL」や本田技研工業の歩行アシストも体験できる
[19:46]
「第12回 ロボットグランプリ」レポート【大道芸コンテスト編】
〜自由な発想でつくられた、楽しい大道芸ロボットが集結!
[14:57]
【 2009/04/16 】
北九州市立大学が「手術用鉗子ロボット」開発
[14:34]
ROBOSPOTで「第15回 KONDO CUP」が開催
〜常勝・トリニティに最強のチャレンジャー現る
[13:17]
【 2009/04/15 】
「第15回ROBO-ONE」が5月4日に開催
〜軽量級ロボットによる一発勝負のトーナメント戦
[18:50]
ヴイストン、秋葉原に初の直営店舗「ヴイストンロボットセンター」、29日オープン
[13:37]
【 2009/04/14 】
大盛況の「とよたこうせんCUP」レポート
〜ロボカップにつながるサッカー大会が愛知県豊田市で開催
[11:34]

トヨタ、施設案内ロボット「TPR-ROBINA」をトヨタ会館に導入
〜ポイントは自律移動と指


ロビーナ
 トヨタ自動車株式会社は先ごろ発表された施設案内ロボット「TPR-ROBINA(ロビーナ)」を、8月27日から同社トヨタ会館(愛知県豊田市)に導入し、記者会見を行なった。

 施設の巡回案内・展示説明を行なうために開発された「TPR-ROBINA」は車輪走行型で、身長120cm、重量60kg。自由度は27。

 移動速度は最大時速3.6km。バッテリ駆動で、駆動時間はおおよそ1時間程度。バッテリの種類そのほかは公表されていない。

 ロビーナ(ROBINA)という名前は、「ROBot as INtelligent Assistant」の頭文字からつけられたという。

 腕部に力センサー、頭部にカメラ、胴体下部にレーザーセンサーと超音波センサーを持っている。レーザーセンサーは主に自分の位置自体を壁基準で計測して把握するために用いられ、超音波センサーは主として障害物検出に用いられている。これらのセンサーを用いて、目的地を指定するだけでリアルタイムに障害物を回避しつつ経路を演算して自律移動できる。施設内には、例えばガイドラインのような、今回のロボット用の新規インフラは設置していない。

 また色紙にサインを書ける指関節を持つ。色紙のようにたわみやすいものに、筆圧が一定になるように力制御を行ないながら人間のようになめらかに文字を書くことができる。

 このほか、音声による対話能力のほか、名札タグを認識することで、そちらに向かって案内説明を行なう画像認識機能を持つ。音声認識は、人間のガイドが持つマイクを使って、無線LANでロボットに送られる。音声認識そのものはロボットが行なっている。


ロビーナ 小首をかしげることもできる。これが記念撮影ポーズ 2つのカメラを内蔵した頭部

側面 胴体下部のセンサー類 腕部

ペンを握りこむ指 しっかりした筆跡のサイン

 顔は、「愛・地球博(愛知万博)」に出展されたトヨタのロボットのイメージを踏襲しつつ、「パートナー」ということにこだわり、やさしや、やおだやかさなどを出したもの。「ロビーナ」という名前で、声も女性の声だが、あくまで女性というわけではなく、「ロボットなので性別はない」と捉えているそうだ。

 運用当日は大勢のプレスと一般客がロボットを取り囲んでいたことによるノイズか、それとも子供の発話に対応していなかったためなのか、音声認識はあまりうまくいかなかった。また、目標を見失ったり誤動作するシーンもあったが、最後まで多くの人たちがロボットの後をついていった。


【動画】ロビーナ登場 【動画】ところがトラブル発生で、この1台目はこのまま退場。このあとのデモは2台目で行なわれた 【動画】挨拶

【動画】人ごみのなかを案内する展示まで移動する 【動画】ガイドしながら移動していくロビーナ 【動画】移動途中に障害物や人がいても避けて通れる

【動画】音声対話機能を用いて車に関するクイズを出すことも 【動画】サインするロビーナ 【動画】案内終了したら自分で控え室まで戻る

音声認識はロボットに付き添う人間のガイドが持つマイクから行なう 大勢の人たちに取り囲まれ、自己位置を見失うこともあった

 トヨタでは人の活動をサポートするパートナーロボットの開発を進めているが、そのマイルストーンのひとつとして、今回のツアーガイドロボットを開発したという。

 今回のロボットは、トヨタから万博に出展されたパートナーロボットと、自律移動機能とペットボトルなどをつかめるハンドを持った介助犬ロボット、両者の延長線上にある。狭い場所での自律移動を主としていた介助犬ロボットに対して、大型の施設の中で完全自律移動させることが難しかったという。

 パートナーロボット開発部主査 山下勝司(やました まさし)氏は「今回の施設案内ロボットは、ひとつのマイルストーンだとおもっている。ロボットはやはり自律で移動できなければ始まらない。今回は本当の大型施設の中で自力で動き回れる能力にこだわった。また、作業できる手を持たせた。それを組み合わせると、将来は家庭内や介護医療支援用途に成長していけるロボットになるのではないか」と述べた。

 いまのところほかの場所での運用予定はないが、広報施設や博物館、美術館、空港、病院などでの応用が考えられるという。運用結果はロボット開発にフィードバックしていくが、事業化は未定。

 トヨタ会館では平日(月曜〜金曜)、14時から案内を行なう。一回のツアーの所要時間は25分程度。


パートナーロボット開発部主査 山下勝司氏 平常時のトヨタ会館は比較的静かな場所。以前は搭乗型二足歩行ロボット「i-foot」も展示されていたが今はなくなっていた ロビーナの概要

URL
  トヨタ自動車
  http://www.toyota.co.jp/
  トヨタ会館
  http://www.toyota.co.jp/jp/about_toyota/facility/toyota_kaikan/

関連記事
トヨタ、案内ロボット「TPR-ROBINA」を発表
〜トヨタ会館にて27日から導入(2007/08/23)



( 森山和道 )
2007/08/28 00:26

- ページの先頭へ-

Robot Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.