Robot Watch logo
記事検索
最新ニュース
【 2009/04/21 】
ロボットビジネス推進協議会、ロボ検を開始
〜メカトロニクス・ロボット技術者の人材育成指標確立を目指す
[17:53]
グローバックス、名古屋にロボット専門店をオープン
〜5月2日〜5日にプレオープンイベントを開催
[17:05]
「ロボカップジュニア九州ブロック大会」開催
〜ジャパンオープン大会の出場チームが決定
[14:32]
【 2009/04/20 】
研究者たちの「知りたい」気持ちが直接わかる
〜理研一般公開でのロボット
[15:15]
【やじうまRobot Watch】
巨大な機械の「クモ」2体が横浜市街をパレード!
〜横浜開港150周年記念テーマイベント「開国博Y150」プレイベント
[14:20]
【 2009/04/17 】
第15回総合福祉展「バリアフリー2009」レポート
〜ロボットスーツ「HAL」や本田技研工業の歩行アシストも体験できる
[19:46]
「第12回 ロボットグランプリ」レポート【大道芸コンテスト編】
〜自由な発想でつくられた、楽しい大道芸ロボットが集結!
[14:57]
【 2009/04/16 】
北九州市立大学が「手術用鉗子ロボット」開発
[14:34]
ROBOSPOTで「第15回 KONDO CUP」が開催
〜常勝・トリニティに最強のチャレンジャー現る
[13:17]
【 2009/04/15 】
「第15回ROBO-ONE」が5月4日に開催
〜軽量級ロボットによる一発勝負のトーナメント戦
[18:50]
ヴイストン、秋葉原に初の直営店舗「ヴイストンロボットセンター」、29日オープン
[13:37]
【 2009/04/14 】
大盛況の「とよたこうせんCUP」レポート
〜ロボカップにつながるサッカー大会が愛知県豊田市で開催
[11:34]

フリースケール、第一回電子工作キット製作コンテストを開催


 フリースケールセミコンダクタジャパン株式会社は3日、同社製マイコンを使った電子工作コンテスト「第一回電子工作キット制作コンテスト」を開催した。

 今回のコンテストは、フリースケールが予定している、小中学生を対象とした夏休みの電子工作教室向けキットを募るという趣旨で開催された。近年、半導体製品の進化に伴い、エレクトロニクス製品のブラックボックス化が進み、製品の設計製作段階が見えにくくなってきていることから、ものづくりの楽しさを知ってもらい、組込技術の基礎を学べる場を提供したいという。

 フリースケールは、マイコンキット「DEMO9S08QG8」を4月28日に発売している。フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社代表取締役社長の高橋恒雄氏は、「マイコンキットの発売をきっかけに、社内で自由に工作をしてもらったところ、非常に面白いものができた。環境さえそろえばいろいろと面白いものができることを実感できた」などと語り、キットの発売が今回のコンテストの切っ掛けにもなっているとした。

 応募作品は全58点。一次選考を通過した14作品が会場でデモを行ない、最終審査をうけた。およそ1時間にわたる審査により、小中学生向け教材部門2作品、高校生向け教材部門1作品、一般向け教材部門1作品、審査員特別賞1作品、ツクモロボット王国賞1作品、最優秀賞1作品のほか、今回のコンテストに応募したフリースケール社員の作品の中から優秀な作品に対して、社員賞が授与された。


フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社 代表取締役社長 高橋恒雄氏 コンテストを後援した九十九電機株式会社 代表取締役社長 鈴木淳一氏

筑波大学大学院システム情報工学研究科 山海嘉之教授
 会場には、審査員として、ロボットスーツ「HAL」の研究・開発で知られる筑波大学大学院システム情報工学研究科の山海嘉之教授も出席した。山海教授は「評価をするのは非常に難しい。限られた分野のロボットの中で評価するなら簡単だが、今回のように多岐にわたる種類の作品だと、どこを評価するのかが問題になる。優劣つけがたかった。なかにはすぐに商品化できるものもある」と、作品全体のレベルの高さを評価。

 「私は小学校3年生のころから電子工作を始めたが、子供のころに学んだスキル、ものの考え方、原理などは将来必ず役に立つ。いきなり大きなロボットを作るのではなく、デバイスそのものをうまく使い、1つ1つ中身を理解しながらものをつくる大切さを知ってほしい」などとも語り、こうした電子工作を切っ掛けにして、理系離れを食い止める一助となることを期待するとした。


最優秀作品賞となった濱原和明氏の「どこでも加速メータ」。3軸の加速度センサーを内蔵し、LED上にリアルタイムで加速度を表示。FLASHメモリを内蔵し、ログも記録できる。加速度は身近な物理現象だが実際に数値で見ることは少ないことから、見えるようにしてみたという 小学生高学年、中学生向け教材部門を受賞した川野亮輔氏の「HC08ミニマイコン扇風機」。タイマー設定やゆらぎ、スピード調整が可能な乾電池式の扇風機。本体の大部分は紙で出来ており、紙工作の要領で印刷済みの厚紙から切り取って作るのもユニーク 高校生向け教材部門を受賞した森戸篤也氏の「簡単! ライントレーサ・コンピュータ」。AD変換、ビット出力、モーター駆動、外部センサーの駆動などの要素を一通り学ぶことができる。CodeWarriorのProcessor Export機能を使用することで、最小限のコード入力で作成が可能という

一般者向け教材部門を受賞した小寺 匠氏の「表面実装リフロー装置」。市販のオーブントースターにマイコン、熱電対、ヒーター制御用トライアックを取り付けて温度を制御し、適切なリフロー条件で半田付けが可能になる。プログラム次第で水槽の温度管理装置などにも転用できるという 審査員特別賞を受賞した岩本正敏氏の「ひかりのデュエット」。正弦波で制御された2つのLEDを搭載。LED間の周波数をずらすことで光のうねりを作り、その様子を観察することで波の性質を体験的に学習できるという

ツクモロボット王国賞を受賞した伊藤剛浩氏の「ピッチベンド機能付き電子ピアノ」。音源作成、ポート制御をすべてMC908QB8で処理。1つのキーを押したまま可変抵抗を回すことで約±50Hz可変が可能なピッチベント機能を備える。回路をできるだけ簡略化して工作を容易にしたという 社員賞を受賞した田中範明氏の「腕立て君」。文字通り腕立て伏せをするロボットだが、加速度センサーを内蔵し、自分の姿勢を認識しながら動くため、地面が多少斜めになっていても水平に体を維持することができる

URL
  フリースケールセミコンダクタジャパン
  http://www.freescale.co.jp/
  ニュースリリース
  http://www.freescale.co.jp/media/news2006/0703_Apps_Contest.html
  ツクモロボット王国
  http://www.rakuten.co.jp/tsukumo/
  【2006年4月26日】フリースケール、ツクモロボット館で8bitマイコンキットを販売(PC)
  http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0426/freescale.htm


( 清宮信志 )
2006/07/04 02:57

- ページの先頭へ-

Robot Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.