記事検索
最新ニュース
【2009/12/25】
【2009/12/24】
【2009/12/22】
【2009/12/21】
【2009/12/18】
【2009/12/17】
【2009/12/16】
【2009/12/15】
【2009/12/14】
【2009/12/11】
【2009/12/10】
【2009/12/09】
【2009/12/08】
【2009/12/07】
【2009/12/04】

前田武志さん、大人が乗れる二足歩行ロボット「OmniZero.9」を開発

〜「第16回ROBO-ONE」に出場し、予選・本戦で優勝


 ロボットビルダーの前田武志さんは、体重50kgを超える大人が乗れる二足歩行ロボット「OmniZero.9(オムニゼロ・テン・キュー)」を開発し、富山で9月26日と27日に開催されたホビーストたちによる二足歩行ロボットの格闘大会「第16回ROBO-ONE」に出場し、予選・本戦共に優勝した。「第16回ROBO-ONE」に関しては後ほど詳報するが、「OmniZero.9」のデモンストレーションと決勝戦の様子だけ速報する。

 「OmniZero.9」は身長105cm、重量25kg。日本遠隔制御のロボット用サーボモーターを使い、肩に大きな車輪が着いた赤いボディのロボットだ。二本足で歩行するだけでなく肩と膝の車輪を使った移動もできる。さらに体重52kgの前田武志さんを載せて立ち上がり、歩行で方向転換することができる。外装はスポンジ状のEVA素材で作られており、マジックテープで簡易に着脱が行なえるようになっている。

 予選ではリング脇から歩行して、事前にかけられていたスロープ前で自ら膝まずき前傾、車輪モードに変形したあとそのままスロープを上がった。リングに上がったあとは方向転換も可能であることを示したあと、再び変形して立ち上がり、足踏みし両腕を動かしながらダンス動作を行なったあと、膝を屈して座り込み、頭部全体を後ろに倒した。そこに製作者の前田武志さん自身が乗り込んだ。ロボットはそのまま立ち上がり、足踏み動作を行なって方向転換した。前田さんは肩の車輪部分に両手を置いていた。ロボット自体の重量は25kgしかないので、子供が大人を肩車しているような状態である。ロボットが停止し、再び降着姿勢を取って前田さんが降りたあと、ロボットはまた立ち上がりダンス動作を行なった。決勝戦の様子も動画でお知らせする。

【動画】予選デモの動作。「ROBO-ONE」終了後に特別に予選デモを一通りもう一度見せてもらったもの 【動画】決勝戦の様子。相手は「なぐ」さんによる「Aerobattler MON☆(アエロバトラー・モンスター)」。これもかつて大型機と呼ばれていたのだが

 このロボットについては前田さんが取締役を務めるヴイストン株式会社のWebサイトにも「人が乗れる二足歩行ロボット「OmniZero.9」」としてYouTubeに動画がアップロードされている。

 前田さんは制御理論や全方位センサーの研究を大学で行なった後、ゲームベンチャー「ゲームのるつぼ有限会社」の立ち上げに参加。ゲームソフトの移植などに従事したあと、2000年に石黒浩氏に誘われて国際電気通信基礎技術研究所(ATR)で開発が始まったヒューマノイドロボット「Robovie」開発に携わるようになり、ヴイストンに取締役として参加する。2003年8月に「第4回ROBO-ONE」に出場、準優勝。その後も準優勝が続いていたがやはり大型ロボットで挑んだ「OmniZero.7」で「第14回ROBO-ONE」では総合&重量級で優勝した。ロボットによるサッカー大会「ロボカップ」にも阪大・石黒研究室やロボガレージの高橋氏らとも協力して「TeamOSAKA」を結成し参加、優秀な成績をおさめた。



(森山和道)

2009/9/28 19:42

Robot Watch ホームページ

Copyright (c)2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.