記事検索
最新ニュース
【2009/12/25】
【2009/12/24】
【2009/12/22】
【2009/12/21】
【2009/12/18】
【2009/12/17】
【2009/12/16】
【2009/12/15】
【2009/12/14】
【2009/12/11】
【2009/12/10】
【2009/12/09】
【2009/12/08】
【2009/12/07】
【2009/12/04】

ヴイストンロボットセンター、ロボット用パーツの製作サービスを開始

〜東京秋葉原店限定お試しコースや利用説明会も


 ヴイストン株式会社は、同社運営のロボットショップ「ロボットセンター東京秋葉原店」において、ロボット用オリジナルパーツ製作サービスを正式に開始した。ユーザーが持参した3DモデリングデータなどをベースにABS樹脂パーツの製作や、アルミ切削サービスを有料で実施する。

 「樹脂パーツ造形サービス」は、ストラタシス製積層3Dプリンタ「Dimension BST」により、ABS樹脂パーツを作成するもの。基本料金は3,990円からで、料金は使用材料の体積等に応じて加算される。大きさは203×203×305mm(幅×奥行き×高さ)まで対応。データはSTL形式で、ファンデーションサポートボード・サポート材が付いた状態で納品される。受注はWebショップまたはロボットセンター東京秋葉原店店頭にて受け付ける。

 また、今回ロボットセンター東京秋葉原店限定で、樹脂パーツ造形サービス、アルミ切削サービスの店頭限定お試しコースも実施する。ともに利用料金は1,000円。樹脂パーツは7.5ccまでのサイズ、アルミ切削サービスは100×100mm、厚さ1.5mmまでのサイズで受け付ける。こちらの受注は店頭受付、店頭受け取りのみ。

 なお、6月20日(土)、21日(日)、27日(土)の13:00からは、同社スタッフによる上記利用サービスの説明会も開催される予定。

ファンデーションボード・サポート材が付いた状態での納品となる 造形した部品例


(清宮 信志)

2009/6/18 15:55

Robot Watch ホームページ

Copyright © 2014 Impress Corporation. All rights reserved.